スタッフインタビュー

採用情報

仲辻 恭子Kyoko Nakatsuji

技術部 ニッケル水素技術課 主任技師
1998年入社(当時はパナソニック株式会社)

未知に出会ったらこの人に聞け!

ニッケル水素蓄電池の開発・製造に関わる、ありとあらゆる分析を担当している仲辻さん。この道20年以上のベテランスタッフです。それでもどこか少女の雰囲気がある仲辻さんの瞳には、未知に魅了された輝きがずっと宿り続けています。
ここに注目!フレンドリーな雰囲気の職場。大好きな分析を思い切りできる。育児をしながら責任あるポジションに。まだまだ未開のニッケル水素蓄電池分野。

湘南 CORUN ENERGY株式会社に入社したきっかけは?

自然の流れに身を委ねていたら・・・

大学では、電気化学の研究室に所属していました。実際の業務の中で勉強したいと考えていたので、就活をしようとしたのですが、教授からは院に残って欲しいと引き止められ・・・“パナソニックだったら行ってもよし!”とのことで、他に選択肢はありませんでした(笑)。
入社して配属されたのが、この湘南の拠点。当時から電池に関する分析・解析を担当しており、この道一筋です。パナソニックから離れることが決まった時は転職も考えましたが、みんなが私のことを求めてくれているのが伝わっていたので、残ろうかな、と。今のポジションを一から築くのも困難ですし、何より職場の雰囲気が好きなので、新卒から今までここで働いています。

現在、どのようなお仕事をしていますか?

私、分析オタクなんです!

材料が何でできていて、どんな物性を持っていて、どんな電気的特性を持っているかなどを、分析機器を駆使して評価しています。評価方法から検討することが多いです。
電池の試作を依頼してくださるお客様や社内から、“こんな分析をしてほしい”というお題をたくさんいただくので、それに一つ一つ対応しています。無茶振りに感じるようなお題もありますが、オタクと呼ばれるほどの分析好きなので、楽しくて仕方がありません(笑)。
今は2人の子供の育児もあるので、15:30には仕事を切り上げなくてはいけない・・・仕事自体よりも、時間の制限がある中で会議や業務を調整しなければいけないことの方が大変です。

達成感を感じた出来事を教えてください!

育児休業明けにいきなり・・・?! (笑)

第2子の育児休業明けは、上の子もまだ小さかったので不安でいっぱいでした。しかし、その不安を味わう間もなく、いきなり大きなプロジェクトが用意されていて(笑)。分析・解析がメインの研究を、試験方法の計画立案から完了までなんとかやり遂げられたことが一番記憶に残っています!
その他にも、この仕事は日頃から小さな達成感を積み重ねることができる仕事だと思います。“何でこうなるんだろう?”“どうしたら解明できるかな?”と、物事に対して細やかな興味を持てる人だったら、やみつきになってしまうはず。そんなところが、自分に合っているのかな。

職場の雰囲気は?

All For Oneな、体育会系のノリです!

私は好きです!比較的フレンドリーで、自分の意見を言いやすい風土があると思います。パナソニック時代よりも所帯が小さく、人の入れ替えも少ないので、仕事が進めやすくなったなとも感じています。別の部署のスタッフとも、通りすがりでよく話をしますよ。
上司が、元応援団長だからなのか(?)無茶振りもOne Teamで乗り越えていく体育会系の雰囲気です。困っていると周囲が助けてくれるし、助け合っています。

これからチャレンジしたいことを教えてください!

もっと知りたい、ニッケル水素蓄電池!

ニッケル水素蓄電池は成熟分野と言われていますが、なんとなくわかっているけど理論的にはまだまだ解明されていないような事象が実はあるので、新たな評価方法を検討していきたいです。
工学部の電気化学研究室を卒業→パナソニック株式会社に入社→湘南CORUN ENERGY株式会社に転籍→主任技師となる

プロフィール

千葉県佐倉市出身。現在自宅が会社から離れており、毎日長時間電車に揺られて通勤しているが、”貴重な睡眠時間!”と前向き。休日は2人の子供と遊んだり、勉強したり。地域活動にも勤しむスーパーママ。
“リフレッシュに一人でショッピングへ出かけたりしますが、結局、子供の物しか買わないんです(笑)。”
 

ページトップ